鹿児島県薩摩川内市の障害者福祉施設 薩来園:施設入所・短期入所・生活介護・日中一時支援・グループホーム・相談支援・地域生活支援

文字の大きさ 標準 拡大

HOME > エンジェルニュース > 平成28年度クリスマス会のご報告
エンジェルニュース

エンジェルニュース


平成28年度クリスマス会のご報告

update:2017年01月20日

キリストの生誕を皆で喜び、幸せを分かち合う
笑顔に溢れた穏やかな一日。

平成28年12月23日(金)、毎年の恒例行事であるクリスマス会を開催いたしました。
私たち薩来園の運営母体である社会福祉法人聖嬰会は、宗教法人「ショファイユの幼きイエズス修道会」により設立され、キリスト教の教えに根ざした支援・施設運営を行っております。
私たちにとってこのクリスマス会は大変意義深い行事であり、利用者の皆さんも毎年楽しみにされている大切な一日です。

光のページェント

一つのキャンドルの灯りから、やがていくつもの灯りがひろがる。前方スクリーンに映し出された映像とキャンドルの灯りにより、室内は厳粛な雰囲気に包まれる中クリスマス会がはじまる。

ペープ・サート「靴屋のマルチン」

当園職員の手づくりによるペープ・サート「靴屋のマルチン」を披露。この「靴屋のマルチン」は、ロシアの文豪トルストイが書いた「愛のあるところに神もある」が基となっています。そのストーリーはまさに原作のタイトル通りであり、紙人形劇の構成も相まって、とても心に響くものでした。

園長挨拶〜職員による歌とトーンチャイム

当園園長の三浦安通による挨拶、職員による歌とトーンチャイムが披露された。この一年を利用者の皆さん・ご家族・地域の皆さまに感謝し、来年も更なるサービスの向上を誓いました。また、薩来園温泉の新たな源泉の完成も報告されました。

ヨルダン・ハンマ神父様のお話 〜 ハーモニカ演奏

カトリック薩摩川内教会の主任司祭であるヨルダン・ハンマ神父さまからクリスマスにふさわしいメッセージを頂く。 続いて、ハーモニカユニット「いむたハーモニカ」の皆さんが演奏を披露。心温まるハーモニカの音色に会場が包まれた。
また、「いむたハーモニカ」の元メンバーであり、当園にて音楽クラブの講師を務めていただきました篠崎さんが、昨年他界されました。ご冥福をお祈りいたします。

ジャズコンサート

ジャズシンガー 片貝晴美さん、フルート奏者 照沼剛さんによるジャズコンサート。フルートのやさしい音色と力強くも優しい歌声に会場が包まれた、心温まるステージでした。
片貝晴美さんHP http://blog.goo.ne.jp/harumusica
 

プレゼント〜茶話会

毎年恒例のクリスマスプレゼント。利用者の皆さん、保護者様、ご来場いただいたお客様にサンタクロースから素敵なプレゼントが配られました。その後、皆でケーキを楽しみながら団らんのひと時を過ごし、全員が一つの家族のようにクリスマスを祝いました。

最後にヨルダン・ハンマ神父様のお話をご紹介します。
ろうそくの灯火は、皆に分け与えれば分け与えるほど明るく、たくさんの光になった。愛も同じように、与えるほど大きくなり、心を強くしていく愛も灯火も、決して減っていくものではない。むしろ大きく、明るい光になる。

 

 


▲ページ上部へ移動
Copyright (C) 障害者支援施設 薩来園 All Rights Reserved.